08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

不美人備忘録

美肌のために "今" 必要なコト・美習慣を身につけたい。アンチエイジングではなくスローエイジング。

オステオパシー 【その1】 

オステオパシーってご存知ですか?

ちょっと説明が難しいので、wikiからの解説を抜粋したものが下記になります。

オステオパシー (Osteopathy)とは1874年にアメリカミズーリ州のカークスビル在住の医師アンドリュー・テイラー・スティルによって創始された。日本には、大正期にはカイロプラクティック(脊椎指圧療法)と同様にアメリカから導入され、指圧や整体など日本の手技療法に大きな影響を与えた。

オステオパシーはギリシア語のOsteon(骨)Pathos(病理、治療)の2つを語源とし、骨のみを調整する手技とは異なり、骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系など、解剖学的あるいは生理学的な広範囲の医学知識の元に、手を使って治療を加える。単なる療法ではなく、オステオパシーとは、そのままでひとつの哲学であり、
1. 身体全体をひとつのユニットとして考える、
2. 身体の機能と構造は一体のものであると考える、
3. 自然治癒力を鼓舞することを主眼とする
など、独特の医学体系を持つ。


JOF (オステオパシー連合)公式サイトから抜粋

オステオパシーとは、人間の自然治癒力を最大限に活かした医学です。
病気とは疾患部だけでおこっているわけではありません。
身体全体の様々な個所の少しずつの歪(歪み)や制限が繋がって大きくなり、ひょっこり顔をだしたところが疾患部です。
疾患部だけ調べても解決できない病気のほうがはるかに多いのです。
オステオパシーの施術は、まず身体全体の歪や制限を調べ、その繋がりを解きほぐすことで、
人間自らが持つ自然治癒力を大きく回復します。
病気はあなた自身が治します。
オステオパスは、その経験と技術と知識のもとに快癒へのナビゲーターの役目を果たします。


オステオパシーの基礎理論(日本トラディショナルオステオパシーカレッジ)

オステオパシーの考え方 (名古屋のオステオパシー専門院 健和トータルケア)


なんだか書けば書くほどほんのり胡散臭いような感じになってしまうのがもどかしいのですが^^;
一言で言うと、「自己治癒力を高めてくれる整体」とでも言えばわかりやすいかな?
半信半疑な私が知人の紹介で週一で通いはじめて約4ヶ月。凄く体調が良くてビックリしています。
もっと早くに知ることが出来たら良かったのに・・・と欲が出てしまうほど自分に合ってるように感じるし、多分今ここで オステオパシーに出会えたことで 「間違いなく私の寿命は少しだけ延びた!」と心底思えるんです。

私が通院している医院の先生は、元プロスポーツ選手だった方です。
不幸にも、現役時代に背骨や骨盤を骨折する大怪我をしてしまい「選手生命もここまでか・・・」と悲嘆にくれていたときに選手仲間から紹介されて知ったのがオステオパシーだったそうです。自分の体をもってその治癒力の凄さに驚き、幸運にも怪我を完治させ見事現役復帰出来ました。。
その後、プロスポーツ界から引退し、第二の人生を考えたときに「怪我で苦しんでいる人たちにオステオパシーをもっと知ってもらいたい!」そう思うようになりオステオパシーの学校に通い資格を所得し、完全予約制の小さな医院をはじめたそうです。
宣伝を一切行っていないにも関わらず、クチコミと紹介とリピーターとで大盛況です。
新規だとなかなか予約が取れないほど凄く大盛況なんです。
一度酷い風邪で予約変更をお願いしたら、ぜんぜん予約がとれなくて焦りました^^;


私が最初紹介で通うようになったきっかけは腱鞘炎の痛みが酷くなり、数年前に一度手術をしているのですが、再発してしまい我慢できなくなったときでした。その時は、痛みが酷くて風が当たっているだけでも泣きたいほど激痛がありました。また手術しなくちゃだめかなー?前回の手術めちゃくちゃ大変だったから手術はいやだなーって鬱々と考えていた時期に、友人が紹介してくれたんです。
彼女はテニスをしていて、彼女自身もテニス仲間から紹介されて通いだしたってことでした。「オステオパシーは合う合わないがあるみたいだけど、試しに通ってみたらどうだろう?合うなら腱鞘炎も数回通っただけで痛みがなくなるかも?」と言われたんです。50肩だった彼女の旦那様は2回施術して貰っただけで嘘のように痛みが消えたそうです。
「初診時に細かな問診票があり、病気歴や怪我した箇所などをできるだけ詳しく書かなくちゃだめだから」と聞いていたので、事前に自分の病歴や手術歴、事故や怪我した箇所などをできるだけ詳しく年表形式にしてプリントアウトしたものを持参しました。

オステオパシーは、身体は1つのユニットとしての考え方なので、骨も血管も筋も皮膚もすべてが繋がっていて影響しあっているという考え方です。たとえば過去に骨折した箇所があったり手術のためにメスが入り縫合している箇所、捻挫してしまった箇所やムチ打ちをしたことはないかなど細かい情報があればあるほど良いということでした。
これを紹介してくれた知人から聞いていたので、自分の怪我歴を思い出しながらびっしりと書きだしました。
私は、子供の頃からおてんばだったので、怪我だけでも物凄い数です^^; + 病気での手術もたくさん。交通事故での酷いムチ打ちも2回あり、肋骨にいたっては人生の中、8回くらい骨折していて1年で4回連続で骨折した年もあるほどです。
満身創痍といいますか、怪我と病気の総合商社状態^^;
ただ、幸せなことにかなり筋量多めの体だったおかげか、造りがしっかりしているらしく、なんとか今ここにいます。


初めて先生に見ていただいたときに、とても難しい顔をしながら私の怪我&手術歴のリストを長い時間じーっと見ていた先生。ぱっと顔をあげ 「これだけ怪我してきていると、普段の生活不便を感じていることもありましたよね?長い期間通わないとだめだけど、今よりはずーっと過ごしやすい身体に必ず変われますよ。俄然闘志が湧いてきますね。私もやりがいがあります。」 と笑顔でお話しいただけました。

施術時間は、50分くらいでほぼ診察ベットにリラックスして横たわっているだけです。
痛みもなければ苦痛もぜんぜんありません。指先で肌に触れてフニフニフニと摩ったりするだけなのに、身体の変化を感じます。
一番凄い!と思ったのが、雪かき中に路面が激しく凍っていて、くの字状態のまま尾てい骨から路面に強打した時です。この時は呼吸ができなくなり、しばらく起き上がることができませんでした。
ちょうど運悪くこの翌日には、親戚の葬儀で長い距離を運転しなくちゃならなかったときだったので、整形外科に行ったほうが良いかなーとかいろいろ考えたのですが、たまたまオステオパシーの先生のところの予約をしていた日だったので、まずは先生に診ていただきました。
「痛みの原因は尾てい骨まわりの骨が変な方向になっているからそれを調整するからね!」と言われて足首や首の付け根あたりを何度か触れられて施術されました。この時は施術後も軽減されていたけど痛みが残っていて不安だったのですが、先生が言うには「骨の位置を正しても脳が正しい位置に骨が修正されたということ認識するのには時間が少しだけかかるのでタイムラグがあるけどで翌日には良くなっているハズだから大丈夫だから・・・」と言われました。
「骨が正しい位置に来たおかげでヒップアップ効果もあるけどどお?」と言われて気がついたのですが、たしかにいつもだと「たるん」としている私のお尻がピシっと引き締まっていて、ヒップが体感的に5cmくらい上に上がっているような感覚を持ちました。
自分でお尻をなでまわしてみて「えっ?マジですか?」と思えるほど変化していて驚きました。
その日の夜はやっぱりコシが痛くて、明日車運転できるかなーって凄く不安でした。でも翌朝嘘のように痛みが全くなくなっていたんです。これには超ビックリ。魔法にかかったかのように痛みがなくなっていて驚きました。

私の通っているオステオパシーの先生は間違いなく神の手です^^
長くなってしまったので、もう少し書きたいので【後半】として後日もう少し書いてみたいと思います。


オステオパシーについてすごくわかりやすく書かれている方を見つけたのでリンクしておきます。
オステオパシーとは何ぞ?実際に通う前の知識をまとめておく




web拍手 by FC2
女性のからだの関連記事

Posted on 2018/05/16 Wed. 23:13 [edit]

category: 女性のからだ

tag: 体質改善 

16

 

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://beskin.blog98.fc2.com/tb.php/553-95927cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list